バクテリアセラピーって?

  • 2017年09月04日

バクテリアセラピーとは細菌療法。

バイオテクノロジーが生んだ「菌質改善」で病気の予防や治療に役立てる先端医療技術です。

人の体には約500種500兆個以上、重さに換算すると約2kgにもなる膨大な量と種類の菌が生息しています。

この菌は人に有益な働きをする「善玉菌」。病気や健康トラブルの原因になる「悪玉菌」。普段はどちらでもないけど優勢な菌に合わせて似たような働きをするようになる「日和見菌」の大きく3つに分けることができます。

人体では24時間365日、この「善玉菌」と「悪玉菌」の戦いが続けられており、どちらが優勢かでその人(宿主)の健康状態が左右されていることが分かり始めてきました。

「バクテリアセラピー」(学術名: Bacterio-therapy)は、日本語で言えば「細菌療法」

善玉菌を利用して体内に常在する菌の質やバランスを改善することで、疾病の予防や治療に役立てる先進医療技術で、スウェーデンのバイオガイア社によって臨床実用化が進められている先進医療技術です。

Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min

コメントする

トップへ戻る
back to top