第64回 日本小児保健協会学術集会 開催

  • 2017年07月26日

バイオガイアジャパン株式会社は、2017年6月29日(木)〜2017年7月1日(金)、大阪国際会議場にて開催された「第64回日本小児保健協会学術集会」にブース出展しました。

生を受けた子どもたちが肉体的な疾病を患ったときのみならず、心や精神を病んだときにも強力なサポートになってあげたいという気持ちを込めて、「すべての子どものために〜All For the Children」学術集会のテーマでした。

保健師、教員など、子どもの健康や成長・発達に関与する職種、そして医師、看護師など、医療関係者を対象とした学会です。

会頭講演 金子一成先生の講演では「腸内フローラからみたこどもの健康」をテーマに、腸内フローラが子どもの健康に密接に関係していることを強くお話いただきました。

シンポジウム「子どもに対するサプリメントを考えてみよう!」では、夜泣き対策委員会委員長でもあり、バイオガイアにもご協力いただいている服部益治先生(兵庫医科大学小児科)、雑誌「チャイルドヘルス」で記事を書いていただいた藤巻弘太郎先生(ぶはいオハナ歯科)の講演が行われました。

この3日間の学術集会は、これまでの学会とは違い腸内フローラがとても注目されており、腸内細菌と全身の健康について学ぶことのできる内容でした。日本の小児医療の現場が、バイオガイアのバクテリアセラピーを受け入れやすい環境になりつつあることを感じました。

URL /  http://www2.convention.co.jp/64jsch/

 

Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min

コメントする

トップへ戻る
back to top