研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > > 基礎研究, レビュー記事 > 抗炎症剤としての片利共生由来のプロバイオ...

抗炎症剤としての片利共生由来のプロバイオティクス

この臨床前資料は特定の免疫調整効果によりマウスとヒトから乳酸菌を分離同定する研究結果を報告している。

L. reuteri はクローン病のような慢性疾患を引き起こす仲介の鍵となる腸の炎症(TNF-α:腫瘍壊死因子-αやNF-B:核因子-Bを含む)に対して強力な抑制効果を持つ乳酸菌として分離同定された。

片利共生のプロバイオティクスは消化管内における微生物と宿主の相互作用のメカニズムを理解するためのヒントを提供してくれる。

これを理解することでIBD(炎症性大腸炎)や他の腸疾患の予防や治療のための新規治療薬へつながる可能性がある。

Reference

Versalovic J, Iyer C, Lin YP, Huang Y, Dobrogosz W. (2008) Commensal-derived probiotics as anti-inflammatory agents. Microb Ecol Health Dis. 20:86-93.

関連記事

ページトップへ