研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > > 基礎研究, その他の臨床治験 > 脊椎動物の消化管とL. reuteriの...

脊椎動物の消化管とL. reuteriのパラダイムにおける宿主と微生物の共生:微生物と健康に関するSackler Colloquiumより

消化管内における微生物的共生の根底にある生物学的原理と共生関係の発達に関する潜在能力の再考。更に、消化管内微生物や宿主との共生関係における生態学や進化戦略へ新たな知見を提供するL. reuteri についても系統学*や実証研究が再考された。

著者らは脊椎動物の消化管内における微生物的共生への機構的な理解を得るために議論した。そして、その進化はこの関係が何故うまくいかなかったかを理解する上でとても重要であるが、一方で消化管のミクロビオーム**が健康をサポートするためにコントロールされている可能性を明らかにしている。

*  種や個体数等多様な生命体間の進化的関係に関する学問。
** 全ての微生物と定義され、その遺伝的要素(ゲノム)、定義された環境における環境的相互作用。(解析の対象となる環境から得た微生物群の全ゲノム)


Reference

Walter J, Britton RA, Roos S. (2010) PNAS (Proceeding of the National Academy of Science of the United States of America), published online 25 June 2010, doi: 10.1073/pnas.1000099107.

関連記事

ページトップへ