研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > > 臨床治験論文概要, 健康全般, 口腔衛生, 安全性及び定着化について > 治療薬としてのプロバイオティック・ロゼン...

治療薬としてのプロバイオティック・ロゼンジの摂取による唾液中のStreptococcus mutans とLactobacillus 属に対する効果

唾液中のStreptococcus mutans の菌数が多い健康な20名の成人女性を対象に無作為化二重盲検プラセボ比較試験を行った。

被験者は10日間の試験期間中1日1錠のL. reuteri Prodentis(ATCC 55730+DSM 17938、それぞれ1 x 108 CFU)含有ロゼンジ(n=10)とプラセボ・ロゼンジ(n=10)を摂取した。

両治療とも医療機器を通してロゼンジを15分かけて投与された。

唾液サンプルは治療前と10日後に即座に採取されStreptococcus mutansLactobacilli 属の菌数の測定を行った。

試験期間中両群ともLactobacilli 属の菌数に変化はなかった。

L. reuteri Prodentis 摂取群においてStreptococcus mutans の菌数が有意に減少したが、プラセボ群においてはそれほどではなかった。

菌量の減少は初期菌数に対してもプラセボ群に対しても顕著だった。

結論:L. reuteri Prodentis 含有プロバイオティック・ロゼンジはStreptococcus mutans 菌数を有意に減少させる。

Reference

A probiotic lozenge administered medical device and its effect on salivary mutans streptococci and Lactobacilli. Çaglar E, Kuscu OO, Kavaloglu SC, Kuvvetli SS, Sandalli N. (2008) Int J Pediatr Dent. 18:35-39.

関連記事

ページトップへ