研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要 > 急性下痢, 抗生剤関連下痢症, 乳児疝痛, 健康全般, 下痢, 過敏性腸症候群(IBS), 新生児集中治療室(NICU), 安全性及び定着化について > 乳幼児における急性下痢に対するL. re...

乳幼児における急性下痢に対するL. reuteri の治療効果

急性下痢(40%はロタウイルスによる)により入院している乳幼児に対するL. reuteri ATCC 55730 の効果を調査するため、前向き無作為化プラセボ比較試験を行なった。

生後6-36カ月の50人の子どもを対象とし、無作為にL. reuteri 投与群(108 CFU/日、2回/日)とプラセボ群に分け5日間の入院中に摂取してもらい両群を比較した。

両群とも標準の水分補給治療を受けた。

治療開始後の水様性下痢の平均持続時間はL. reuteri 群が2.3日であったのに対しプラセボ群は2.9日であった。

治療開始2日目には水溶性下痢症状がL. reuteri 群64%に対しプラセボ群では84%、下痢の平均回数においてはL. reuteri 群の1.9回に対しプラセボ群では3.4回、嘔吐においてはL. reuteri 群の16%に対しプラセボ群では40%と顕著な効果の違いを示した。

結論:L. reuteri は急性下痢で入院中の子どもの治療薬として有効である。

Reference

The therapeutic effect of L. reuteri in acute diarrhea in infants and toddlers. Eom T-H, Oh E-Y, Kim Y-H, Lee H-S, Yang PS, Kim D-U, Kim J-T, Lee B-C. (2005) Korean J Ped 48:986-989.

関連記事

ページトップへ