研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要 > 抗生剤関連下痢症

抗生剤関連下痢症

抗生物質関連下痢症(AAD)

抗生物質関連の下痢(AAD)は、抗生剤の投与をうけている患者の25%にも及びます。そしてこれらの症状の多くで毒素を産出する菌が繁殖していることが要因となっています。(クロストリジウム・ディフィシレ)

入院している成人のクロストリジウム・ディフィシレに関連する発症率は、2000~2005年に2倍になりました。

症状は変化します

下痢は、しばしば起こるおなかが緩い、水様性なものという軽度の症状から、外科的な処置の必要な症状へと変化し、致命的な症状となる事があります。その他の症状としては膨張感、胃痛、腹部の機能の不具合による症状などがあります。

子供から大人まで

バイオガイアの乳酸菌含有商品にはL.ロイテリ菌 プロテクティス菌株が配合されています。子供から大人までを対象にした研究で、安全性と効果が明らかになったバイオガイア商品を毎日摂取することが、抗生物質関連の下痢(AAD)を予防したり発症しても重篤化防止の近道であるいえます。

略号 タイトル
Weizman et al. 2009 プロバイオティクス摂取中の託児所の乳幼児における一般的な感染症に対する長期間の防御
Savino et al. 2007 乳児疝痛の治療に対するL. reuteri(American Type Culture Collection strain ATCC 55730)とシメチコンの効果
Ainora et al. 2008 L. reuteri 摂取による抗H. pylori の二次除菌治療における効果
Eom et al. 2005 乳幼児における急性下痢に対するL. reuteri の治療効果
Shornikova et al. 1997 急性下痢の乳幼児における治療薬としてのL. reuteri
Shornikova et al. 1997 L. reuteri によるロタウィルスによる胃腸炎に対するバクテリアセラピー(細菌療法)
Rosander et al. 2008 L. reuteri ATCC 55730 から抗生物質耐性プラスミドを除去され、結果的にその娘株となったL. reuteri DSM 17938の特性評価
Betta et al. 2007 プロバイオティクスによる外科手術を受けた新生児集中治療処置室(NICU)新生児を対象とした細菌、カンジダ感染症予防
Francavilla et al. 2008 Helicobacter pylori 感染の抑制におけるL. reuteri ATCC 55730の除菌治療効果
Abrahamsson et al. 2007 IgE関連の湿疹の予防におけるプロバイオティクス
Cirillo et al. 2005 アトピー性皮膚炎と牛乳不耐性の子どもの患者におけるL. reuteri の効果を調査するための予備試験
Twetman et al 2009 L. reuteri 含有チューイングガムによる歯肉溝滲出液(GCF)中の炎症伝達物質レベルに対する短期的効果
Lionetti et al. 2006 L. reuteri による子どもに対する抗Helicobacter pylori 治療の副作用の減少
Saggioro et al 2005 L. reuteri によるHelicobacter pylori の除菌
Imase et al. 2007 L. reuteri 含有タブレットによるHelicobacter pylori 抑制効果-無作為化二重盲検プラセボ比較交差試験
Scaccianoce et al. 2008 3種類の治療に異なったプロバイオティクスを加えてのHelicobacter pylori の除菌治療
Cimperman et al. 2009 L. reuteri による入院中の成人における抗生物質関連下痢症の予防

ページトップへ