研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要 > 急性下痢, 抗生剤関連下痢症, 健康全般, ピロリ菌, 化学療法, 下痢, 安全性及び定着化について > L. reuteri 摂取による抗H. ...

L. reuteri 摂取による抗H. pylori の二次除菌治療における効果

L. reuteri ATCC 55730によるH. pylori 感染における抗生物質を使用した二次除菌治療の除菌率と副作用に対する効果を検証するためにオープン試験を実施した。

90名の成人患者は無作為にL. reuteri 群:抗生物質治療開始時より1 x 108 CFU のL. reuteri を日に3回14日間摂取、コントロール群:同様の除菌治療であるがプロバイオティクスの摂取なし。除菌治療は7日間で、両群とも治療開始時より4週間にわたり問診票に胃腸における副作用について記録してもらった。

H. pylori の菌数と副作用を治療後6週間観察した。

L. reuteri 群における除菌率は80%(45名中36名)に対してコントロール群では62%(45名中28名)(p<0.05)、下痢の発症頻度はL. reuteri 群で30%、コントロール群では65%(p=0.006)、吐き気の発症頻度はL. reuteri 群で40%、コントロール群で60%(p=0.01)であった。

結論:L. reuteriH. pylori に対する除菌率を上げ、二次除菌治療における抗生物質関連の副作用の頻度を減少させた。

Reference

Impact of L. reuteri supplementation on anti-H. pylori second line therapy-related [side-effects]. Ainora M, Nista EC, Vitale G, Gigante G, Fiore F, Cesario V, Ojetti V, Cammarota G, Gasbarrini GB, Gasbarrini A. (2008) Poster presented at the 16th United European Gastroenterology Week, 18-22 October, 2008, Vienna, Austria. Gut 2008;57(Suppl II), A 327, abstract P1111.

関連記事

ページトップへ