研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要 > 健康全般, ピロリ菌, 安全性及び定着化について > L. reuteri ATCC 5573...

L. reuteri ATCC 55730の長期間摂取はヒトの胃粘膜の炎症とHelicobacter pylori のコロニー形成に影響を及ぼさない

6ヶ月間のL. reuteri ATCC 55730摂取によるヒトのHelicobacter pylori のコロニー形成と胃粘膜の炎症に及ぼす影響を検証するためにオープンパイロット試験を行った。

消化不良症状の成人7名を対象にL. reuteri 含有タブレットを1日2錠(4 x 108 CFU)投与した。

H. pylori のコロニー形成は試験終了時に胃の生検サンプルと尿素呼気試験(C13-UBT)により検証された。

胃の生検サンプルを4ヶ所から採取してH. pylori の存在を分析し、炎症も評価した。

さらに生検サンプルはL. reuteri のコロニー形成をFISH(fluorescence in situ hybridization:蛍光インシトゥハイブリダイゼーション)法とL. reuteri 特定標識により分析された。

その結果、UBT値に関しては顕著な差はみられなかった。

H. pylori のコロニー形成の程度に関しては、胃の炎症度合いからみても変化はなかった。

FISH法において22%の生検サンプル(被験者3名)中にL. reuteri のコロニーを確認したが、試験終了時には94%に達していた。L. reuteri のコロニー増加は胃の全ての場所で確認された。

結論:L. reuteriH. pylori のコロニー形成と胃の炎症に関して何ら影響を与えなかった。H. pylori 感染者の胃においてL. reuteri は強い耐性とコロニー形成能力を示した。

Reference

Long-term administration of L. reuteri (ATCC 55730) has no influence on gastric mucosal inflammation and colonization of Helicobacter pylori in humans. A pilot study. Glintborg V, Dawids S, Preuss Hasselby J, Winther Nielsen H, Mertz Nielsen A. (2006) Int J Probiotics Prebiotics 1(3-4): 219-223.

関連記事

ページトップへ