研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要 > 口腔衛生

口腔衛生

悪玉菌は腸で問題を引き起こすのと同じように、口の中でも問題を引き起こすことがあります。 この悪玉菌の影響は、突然おそってくる歯の痛みと、不快な思いをする歯肉炎や歯周病の原因となっているにもかかわらず、お医者さまに悪玉菌が増えすぎてとは言わせないという点です。バイオガイアの口内用製品は、L.ロイテリ菌 プロデンティス菌株が配合されています。毎日定期的に摂取することにより、虫歯や歯周病といった口内のトラブルが起こりやすい環境を、バランスの取れた健康的な環境に戻し、歯や歯茎を自然な状態に保つことの手助けになります。

略号 タイトル
Caglar et al. 2006 L. reuteri ATCC 55730含有ストローまたはタブレットによる唾液Streptococcus mutans とLactobacilli 属の菌数変化
Krasse et al. 2006 L. reuteri による歯肉出血および歯肉炎の減少
Twetman et al 2009 L. reuteri 含有チューイングガムによる歯肉溝滲出液(GCF)中の炎症伝達物質レベルに対する短期的効果
Nikawa et al. 2004 L. reuteri による発酵乳中のStreptococcus mutans の減少
Çaglar et al. 2008 治療薬としてのプロバイオティック・ロゼンジの摂取による唾液中のStreptococcus mutans とLactobacillus 属に対する効果
Caglar et al. 2007 キシリトールやプロバイオティクスを含むチューイングガムによる唾液中のStreptococcus mutans とLactobacillus 属に対する効果

ページトップへ