研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要 > 抗生剤関連下痢症, その他の臨床治験, アレルギー, 化学療法, 安全性及び定着化について > アトピー性皮膚炎と牛乳不耐性の子どもの患...

アトピー性皮膚炎と牛乳不耐性の子どもの患者におけるL. reuteri の効果を調査するための予備試験

牛乳の摂取により軽度のアトピー性皮膚炎を発症した子どもを対象に前向き公開試験を行なった。

対象は牛乳を摂らない食生活にしてからアトピー性皮膚炎が改善した3-5歳の15名の子どもで、乳タンパクに対する特異性IgEとSPTによりウシの乳タンパクに対するアレルギーが排除されていることを確認した。

子どもたちに再び牛乳を飲んでもらうのと同時に8名にはL. reuteri ATCC 55730(1日2錠、2 x 108 CFU)を、7名にはプラセボをそれぞれ3カ月に渡って投与した。

牛乳を飲み始めて最初の10日間は毎日両群に抗ヒスタミン薬が処方し、必要に応じて局所用ステロイドと保湿剤が使用された。

最初の2週間で湿疹とかゆみの改善が全員に見られた。

しかし、それ以降の試験期間においてL. reuteri 群は牛乳を飲み続けたにもかかわらず湿疹やかゆみが悪化した子どもはいなかった。

これに対しプラセボ群では全員に湿疹の悪化が見られ、抗ヒスタミン薬と局所用ステロイドの使用を継続しなければならなかった。
   
結論:3ヶ月間L. reuteri と牛乳を同時摂取することによりかつて牛乳摂取により湿疹が悪化した経験のある子どものアトピー性皮膚炎とかゆみの悪化を予防できることが示された。

Reference

Effectiveness of L. reuteri in patients with atopic dermatitis and cow milk intolerance. Preliminary study. Cirillo Al., Boccia E, Cirillo Ar., Scotto G, Maiella D, De Crescenzo G, Leone G, Grimaldi S, Cirillo Ag. (2005) Presented at the Italian Society for Clinical Allergy and Immunology (SIAIC) Congress, Rome, Italy, 4-7 May 2005. Abstract P-08.

関連記事

ページトップへ