研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要 > その他の臨床治験, 化学療法, 下痢, 安全性及び定着化について > L. reuteri ATCC 5573...

L. reuteri ATCC 55730のDe Gramont、Folfox Schedule治療を受けている結腸がん患者における化学療法による急性下痢症に対する効果と安全性

化学療法を受けている結腸がん患者に対するL. reuteri ATCC 55730による下痢、腹痛、安全性に関する効果についてオープン試験を行った。

116名の患者を無作為に2群に分け、58名にはL. reuteri(108 CFU/日)を、残りの58名にはプロバイオティクスを含まないサプリメントを60日間投与した。

L. reuteri の毎日摂取により62%もの患者の下痢が改善され、プラセボ群の50%と比較して顕著な差が認められた。

L. reuteri を摂取しながら下痢を伴った患者の下痢の程度がグレード2だったのは28%(22名中6名)で、プラセボ群の患者の90%(29名中26名)ほど高くはなかった。(Grade 2=1日4-6回の排便回数の増加だが日常生活には影響しない)

腹痛についてはL. reuteri 群で86%、プラセボ群で79%緩和した。

L. reuteri の摂取はこのような患者に対して安全性に問題はなかった。

結論:L. reuteri の摂取は安全であり、オキサリプラチンと組み合わせた、もしくは単独のフルオロフォレイトの抗がん治療を受けている結腸がん患者の下痢の発症頻度を最小化し、安全性にも問題はなく、腹痛も減少した。

Reference

Efficacy and safety of L. reuteri ATCC 55730 in preventing acute chemotherapy induced diarrhoea in colon cancer patients treated with De Gramont or Folfox Schedule. Aiello RS, Alì M, Chiarenza M, Carillio G, Scandurra G, Caruso M. (2008) Presented at the 10th National Congress of Medical Oncology, 11-14 October, 2008, Verona, Italy. Ann Oncol 19(SuppL. 9): ix12, abstract B7.

関連記事

ページトップへ