研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要 > その他の臨床治験 > 過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群とは腸の機能障害の一種で、米国では病院で診察を受ける理由のトップ10に入る疾患です。常時5人に1人が過敏性腸症候群に罹患しているといわれています。しかしながら、過敏性腸症候群であると思われる人の70%は、きちんとした治療を受けずにいるのが現状です。

典型的な過敏性腸症候群の症状は、腹部の痙攣、膨満、下痢もしくは便秘です。これらの症状は断続的にあらわれ、ときには飲食をきっかけに現れることもあります。

略号 タイトル
Weizman et al. 2009 プロバイオティクス摂取中の託児所の乳幼児における一般的な感染症に対する長期間の防御
Eom et al. 2005 乳幼児における急性下痢に対するL. reuteri の治療効果
Shornikova et al. 1997 急性下痢の乳幼児における治療薬としてのL. reuteri
Shornikova et al. 1997 L. reuteri によるロタウィルスによる胃腸炎に対するバクテリアセラピー(細菌療法)
Niv et al. 2005 過敏性腸症候群の患者の治療におけるL. reuteri ATCC 557300の効果

ページトップへ