研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要, その他の臨床治験 > 健康全般, 安全性及び定着化について > HIV感染者におけるL. reuteri...

HIV感染者におけるL. reuteri摂取の安全性と耐性

23-50歳の39名のHIV感染者(女性2名)を対象にL. reuteri(1010 CFU/日)またはプラセボを21日間毎日投与する前向き二重盲検プラセボ比較試験を行なった。

L. reuteri 摂取による血液、血清、尿の検査および耐性に関して有意な変化は見られなかった。

また、L. reuteri 摂取群においてL. reuteri のコロニー形成が確認された。
   
結論:HIVに感染している成人が1010 CFUのL. reuteri を21日間毎日摂取しても安全で、あらゆる副作用もないことを示した。

Reference

Safety and tolerance of L. reuteri supplementation to a population infected with the Human Immunodeficiency Virus. Wolf BW, Wheeler KB, Ataya DG, Garleb KA. (1998) Food Chem Toxicol. 36:1085-1094.

関連記事

ページトップへ