研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要 > 急性下痢, 抗生剤関連下痢症, 健康全般, ピロリ菌, 安全性及び定着化について > 3種類の治療に異なったプロバイオティクス...

3種類の治療に異なったプロバイオティクスを加えてのHelicobacter pylori の除菌治療

H. pylori 感染による継続的な消化不良症状を持つ65名の患者を対象に、標準の3種類治療にL. reuteri ATCC 55730(1 x 108 CFUを1日2回)もしくは高用量の複合菌株(2 x 1010 CFUを1日2回)を加え、それらの治療的役割を評価する目的で前向きオープンパイロット試験を行った。

患者は、標準の3種治療7日間、標準の3種治療+L. reuteri 7日間、標準の3種治療+複合菌株7日間もしくは標準の3種治療+複合菌株14日間投薬した。

何れの治療でも80%以上の除菌率を達成できなかった。

14日間の治療に複合菌株を加えた群が最も高い除菌率(71%)を示したが、7日間-コントロール群(62%)、7日間-L. reuteri 群(53%)、7日間-複合菌株(53%)と除菌率に関して全群間での統計的な有意差はなかった。

副作用に関しては7日間-L. reuteri 群が最も低かったが(6%)、7日間-コントロール群(27%)、7日間-複合菌株(20%)、14日間-複合菌株(33%)と残りの3群間での統計的な有意差はなかった。

結論:7-14日間の3種類の治療においてプロバイオティクスを加えた場合も加えない場合も十分なH. pylori に対する除菌率を達成することができなかった。

Reference

Scaccianoce G, Zullo A, Hassan C, Gentili F, Cristofari F, Cardinale V, Gigliotti F, Piglionica D, Morini S. (2008) Triple therapies plus different probiotics for Helicobacter pylori eradication. European Review for Medical and Pharmacological Sciences. 12:251-256.

関連記事

ページトップへ