研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要 > 急性下痢, 抗生剤関連下痢症, ピロリ菌, 下痢, 安全性及び定着化について > L. reuteri 含有タブレットによ...

L. reuteri 含有タブレットによるHelicobacter pylori 抑制効果-無作為化二重盲検プラセボ比較交差試験

この試験は第一にHelicobacter pylori 感染の程度を検査する指標として尿素呼気試験(UBT)が使用できるか、次にL. reuteri ATCC 55730含有タブレット摂取によるH. pylori の菌数抑制をUBT値で評価することを目的に行った。

第一の試験において、H. pylori 感染陽性者の成人33名の胃生検サンプルを上部消化管内視鏡検査により採取し、被験者個々のUBT値を測定した。

その結果、生検中のH. pylori の菌量に応じて各被験者のUBT値が顕著に上昇していた

。第二の検査では、40名のH. pylori 感染しながら無症状の被験者に対してUBT値≥15%の被験者35名を無作為に3つのグループに分け、A群はL. reuteri 含有タブレットを4週間、その後プラセボを4週間摂取した。

B群は比較の為、まずプラセボを4週間、その後L. reuteri 含有タブレットを4週間逆順に摂取した。

C群はプラセボのみを8週間摂取した。

D群はH. pylori 非感染者5名で構成し、L. reuteri 含有タブレットのみを8週間摂取した。

L. reuteri を摂取したA群、B群においてUBT値が有意に減少した。

さらに、A群においては試験を終えるまでの8週間に渡って低いUBT値が維持された。

L. reuteri 含有タブレットの摂取によるUBT値の全体的な減少率は、69.7 ±4.0% (p<0.05)だった。
 
結論:L. reuteri 摂取によりH. pylori 感染者のUBT値が有意に減少した。さらにL. reuteriH. pylori の菌量を抑制する働きをみせた。

Reference

L. reuteri tablets suppress Helicobacter pylori infection - a double-blind, randomised, placebo-controlled cross-over clinical study. Imase K, Tanaka A, Tokunaga K, Sugano H, Takahashi S. (2007) L. reuteri tablets suppress Helicobacter pylori infection - a double-blind, randomised, placebo-controlled cross-over clinical study. Kansenshogaku Zasshi, 81:387-93. (Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases).

関連記事

ページトップへ