研究情報センター

ホーム > 研究情報センター > 臨床治験論文概要 > 急性下痢, 抗生剤関連下痢症, 健康全般, ピロリ菌, 化学療法, 下痢, 安全性及び定着化について > L. reuteri によるHelico...

L. reuteri によるHelicobacter pylori の除菌

L. reuteri ATCC 55730によるHelicobacter pylori の除菌における効果を調査するため、前向き無作為化二重盲検プラセボ比較試験を行なった。

H. pylori 感染による消化不良症状のある25-56歳の30名を対象として15名の被験者にオメプラゾール(20 mg/日)とL. reuteri(108 CFU/1日2回)を、プラセボ群の15名にはオメプラゾールとプラセボをそれぞれ30日間投与した。

治療終了から4週間後、H. pylori 感染の進行は抑制されており、L. reuteri を摂取した被験者の60%(15名中9名)においてH. pylori の完全除去が見られたのに対し、オメプラゾールとプラセボを摂取した被験者においてはH. pylori の除去は見られなかった(p<0.0001)。
 
結論:この試験より、L. reuteri を含有するプロバイオティクスを摂取することによりヒトにおけるH. pylori 感染症に対して有益な効果を得られることが明らかになった。

Reference

Helicobacter pylori eradication with L. reuteri. A double blind placebo-controlled study. Saggioro A, Caroli M, Pasini M, Bortoluzzi F, Girardi L, Pilone G. (2005) Digestive and Liver Disease 37(suppl 1): S88, abstr. PO1.49.

関連記事

ページトップへ