ロイテリ菌について

ホーム > ロイテリ菌について > バイオガイアアカデミー > L.ロイテリ菌に関する研究 > 下痢

下痢

  • HIV感染患者の腸管異常に対するL.ロイテリ菌療法

    2011年5月31日 | カテゴリー:新着情報, 研究紹介, 消化器内科分野, 免疫・アレルギー分野, L.ロイテリ菌に関する研究, 下痢, 免疫機能分野

    成人のHIV感染患者及びAIDS患者の下痢の持続期間へ、L.ロイテリ菌が影響を与えるかを調べる研究が行われました。 ローマ大学病院やHIV治療センターに入院中の、軽度・中度の脱水症状を含む19歳〜62歳の100名の患者を対象とし、無作為にL.ロイテリ菌DSM17938を摂取してもらうグループ50名と対照グループ50名に分けて行われました。 脱水症の治療を受けながらの研究で、全体の74%は細菌、真菌
  • L.ロイテリ菌によるHIV感染幼児の胃の微生物群への影響

    2011年5月31日 | カテゴリー:新着情報, 研究紹介, 小児科・産婦人科分野, 消化器内科分野, 免疫・アレルギー分野, L.ロイテリ菌に関する研究, 下痢, 免疫機能分野

    L.ロイテリ菌を摂取することによって、HIV感染幼児の胃の微生物群にどのように影響するかを調べる研究が行われました。 水溶性下痢、嘔吐、咳で入院中の生後4〜12ヶ月の幼児7名を対象とした研究で、6名は抗生物質の治療を受け、7名全員が通常の世話を受けていました。 2名のHIV陽性を含む4名の幼児にL.ロイテリ菌ATCC 55730を、1名のHIV陽性を含む3名の幼児には偽薬を、1日1回3日間摂取して
  • L.ロイテリ菌の効果

    2010年7月17日 | カテゴリー:下痢

    2件の厳密な研究において、L.ロイテリ菌ATCC 55730を摂取することで、ロタウイルスによる下痢の期間が短くなることが明らかにされています。韓国で行なわれた下痢に関する研究では、期間のみならず嘔吐も抑制されることが確認されています。 メキシコシティで子供を対象に行なわれた3件の研究では、L.ロイテリ菌ATCC 55730には原因の異なる様々な下痢に対する予防効果があることが明らかにされました。
  • 下痢に伴う腸内フローラの変化の影響

    2010年7月17日 | カテゴリー:下痢

    世界中の子供たちがロタウイルス感染などを原因とする下痢によって命を落としています。特に発展途上国では毎年、何百万人もの子供たちが下痢で命を落としています。 このようなことがどうして起こるのかというと、下痢を発症すると、腸管のマイクロフローラが急激な変化を起こすからです。腸内フローラに変化が起きると、ラクトバチルス菌、ビフィズス菌、バクテロイデス菌も急激に減少してしまいます
  • 下痢

    2010年7月17日 | カテゴリー:下痢

    プロバイオティクスの効果としてもっとも顕著なのは下痢に対する効果です。プロバイオティクスは、子供から大人まで、様々な下痢に効果的に働きかけます。プロバイオティクスを毎日摂取すると、下痢の発症リスクが減少し、症状が緩和され、早く治ることが研究により明らかになっています。 下痢の原因は様々ですが、とくに多いのは以下のようなものが原因となっています。 ウイルス、細菌、原生動物など病原菌 消化不良 セリ

ページトップへ