ロイテリ菌について

ホーム > ロイテリ菌について > 研究紹介 > 消化器内科分野, 過敏性腸症候群 > 過敏性腸症候群に対するL.ロイテリ菌の効...

過敏性腸症候群に対するL.ロイテリ菌の効果

2010年7月17日 | カテゴリー:消化器内科分野, 過敏性腸症候群

121 122

L.ロイテリ菌ATCC 55730を毎日摂った場合の効果を確認する研究がすでに行なわれています。 これは過敏性腸症候群の患者を含む大人を対象とした臨床研究で、6カ月間に渡って行なわれました。

L.ロイテリ菌ATCC 55730もしくは偽薬を被験者に摂取してもらったところ、研究前半期においては、どちらを摂取した人も症状とクオリティ・オブ・ライフに改善が見られたため、プロバイオティクスに顕著な効果があるといいきることはできませんでした。しかし後半期において、L.ロイテリ菌ATCC 55730を摂った人は過敏性腸症候群の主症状であるガスによる腹部膨満と便秘が改善されるという結果が得られました。

対象分野:

関連記事

ページトップへ