ロイテリ菌について

ホーム > ロイテリ菌について > 研究紹介 > 消化器内科分野, ピロリ菌 > ピロリ菌への有望な手段としてのプロバイオ...

ピロリ菌への有望な手段としてのプロバイオティクス

2010年7月17日 | カテゴリー:消化器内科分野, ピロリ菌

06_124Pylori

ヘリコバクター・ピロリ菌

最近実施された動物実験や臨床研究により、ヘリコバクター・ピロリ菌に対するプロバイオティクスの効果が調査されています。その結果、ピロリ菌の除去治療中にプロバイオティクスを摂ることで、除去率が上昇し、複数の抗生物質を摂る際の耐性を強化できることが明らかになりました。

ピロリ菌に感染した子供と大人を対象とした研究は、「プロバイオティックな微生物は、ピロリ菌感染の抑制およびピロリ菌に由来する胃炎に対する《有望な》手段となりうる」という結果をまとめています。

対象分野:

関連記事

ページトップへ