ロイテリ菌について

ホーム > ロイテリ菌について > 研究紹介 > 新着情報, 消化器内科分野 > ロイテリ菌によるピロリ菌の抑制効果を公開...

ロイテリ菌によるピロリ菌の抑制効果を公開しました。15名中9名(60%)は完全に ピロリ菌感染症状がなくなった

2010年9月13日 | カテゴリー:新着情報, 消化器内科分野

プロトンポンプ阻害薬(胃酸を抑える薬)とロイテリ菌を組み合わせた治療の一ヵ月後、患者の60%が感染を抑制され、陽性だったのは40%だけでした。一方で、プロトンポンプ阻害薬だけで治療したグループは100%陽性のままという結果でした。 saggiori.png
対象分野:

関連記事

関連キーワード

ページトップへ