ロイテリ菌について

ホーム > ロイテリ菌について > 研究紹介 > 免疫・アレルギー分野

免疫・アレルギー分野

  • HIV感染患者の腸管異常に対するL.ロイテリ菌療法

    2011年5月31日 | カテゴリー:新着情報, 研究紹介, 消化器内科分野, 免疫・アレルギー分野, L.ロイテリ菌に関する研究, 下痢, 免疫機能分野

    成人のHIV感染患者及びAIDS患者の下痢の持続期間へ、L.ロイテリ菌が影響を与えるかを調べる研究が行われました。 ローマ大学病院やHIV治療センターに入院中の、軽度・中度の脱水症状を含む19歳〜62歳の100名の患者を対象とし、無作為にL.ロイテリ菌DSM17938を摂取してもらうグループ50名と対照グループ50名に分けて行われました。 脱水症の治療を受けながらの研究で、全体の74%は細菌、真菌
  • L.ロイテリ菌によるHIV感染幼児の胃の微生物群への影響

    2011年5月31日 | カテゴリー:新着情報, 研究紹介, 小児科・産婦人科分野, 消化器内科分野, 免疫・アレルギー分野, L.ロイテリ菌に関する研究, 下痢, 免疫機能分野

    L.ロイテリ菌を摂取することによって、HIV感染幼児の胃の微生物群にどのように影響するかを調べる研究が行われました。 水溶性下痢、嘔吐、咳で入院中の生後4〜12ヶ月の幼児7名を対象とした研究で、6名は抗生物質の治療を受け、7名全員が通常の世話を受けていました。 2名のHIV陽性を含む4名の幼児にL.ロイテリ菌ATCC 55730を、1名のHIV陽性を含む3名の幼児には偽薬を、1日1回3日間摂取して
  • HIV感染者のL.ロイテリ菌摂取の安全性と耐性

    2010年7月18日 | カテゴリー:新着情報, 研究紹介, 免疫・アレルギー分野, ラクトバチル・ロイテリ菌, 免疫機能分野

    L.ロイテリ菌を摂ることによって、HIV感染者に対して悪い影響を与えないかを調べる研究が行われました。 23歳〜50歳の39名のHIV感染者(女性2名)を対象に行われ、L.ロイテリ菌または偽薬を21日間毎日摂取してもらいました。 血液、血清、尿の検査や耐性(病原菌などによる薬に対しての抵抗力)において、L.ロイテリ菌の摂取による変化は見られませんでした。 またL.ロイテリ菌を摂取したグループにおい
  • 一般的な感染による病欠の減少

    2010年7月17日 | カテゴリー:免疫・アレルギー分野, 免疫機能分野

    L.ロイテリ菌ATCC 55730を毎日摂取することにより健康が増進されることが、研究により明らかになりました。託児所に通う子供においては病欠が減少し、成人においては職場の病欠が減少することが確認されています。 L.ロイテリ菌を摂取した子供は、偽薬を摂取した子供や別の種類のプロバイオティックを摂取した子供よりも発熱や腸内感染の発症が著しく少なくなり、医師の診察を必要とする回数や抗生物質を摂取する必
  • ヒトにおけるL.ロイテリ菌の効果

    2010年7月17日 | カテゴリー:免疫・アレルギー分野, 免疫機能分野

    2004年、L.ロイテリ菌ATCC 55730がヒトの免疫調節に有効に作用することがはじめて実証されました。これは健康な大人を対象とした研究で、被験者に28日間毎日L.ロイテリ菌を摂取してもらい、小腸のCD4陽性Tリンパ球が増加したことが確認された結果によるものです。 さらに興味深い結果として、妊娠中の女性が出産予定日の2~4週間前からL.ロイテリ菌を毎日摂取すると、初乳に現れる抗炎症性サイト
  • 免疫細胞とプロバイオティクスの相互作用

    2010年7月17日 | カテゴリー:免疫・アレルギー分野, 免疫機能分野

    相互作用が発生するためには、プロバイオティクス細胞は生きている状態で、腸粘液および、あるいは消化管の上皮細胞に付着できなければなりません。このような相互作用はまた、粘膜の表面の構造状態を保つことが必要であると思われます。 数種の動物実験と試験管内実験では、いくつかのL.ロイテリ菌株が、免疫システムの「門番」として機能している規制細胞の反応をするサイトカインと相互作用・影響することが示されています
  • 免疫の健康

    2010年7月17日 | カテゴリー:免疫・アレルギー分野, 免疫機能分野

    健康な腸内マイクロフローラ(共生細菌)の仲間は、宿主のためとなる免疫反応を調整することができます。これは過去10年間に多くの科学的な証明がされています。動物(ヒトを含む)といくつかの微生物の間にはラクトバチルス菌種の共生関係が存在します。 しかし全てのラクトバチルス菌に免疫反応の調整効果があるというわけではありません。このような特性をもつ種のなかでも、菌株によって違いがあります。そしてこれもま
  • L.ロイテリ菌が抗生物質の副作用を抑制

    2010年7月17日 | カテゴリー:小児科・産婦人科分野, 消化器内科分野, 免疫・アレルギー分野, ピロリ菌

    ピロリ菌の除去治療で使用される抗生物質の副作用を抑制する効果がL.ロイテリ菌ATCC 55730にあるかどうかを調べる研究が行なわれました。ピロリ菌に感染し、消化不良のある3~18歳の子供を対象とした研究で、抗生物質による連続10日間の治療開始に伴い、無作為に、L.ロイテリ菌もしくは偽薬を摂取してもらい、抗生物質による治療終了後も引き続き10日間、合計20日間摂取してもらいました。 副作用の評価

ページトップへ