ロイテリ菌について

ホーム > ロイテリ菌について > 研究紹介 > 歯科・口腔外科分野, 口腔衛生分野 > 歯を清潔に保つために

歯を清潔に保つために

2010年7月17日 | カテゴリー:歯科・口腔外科分野, 口腔衛生分野

149

この研究ではプロバイオティクスをガムに含有させて使い、被験者には、L.ロイテリ菌‐1 ガム、L.ロイテリ菌‐2 ガム、偽薬ガムのいずれかを摂取してもらいました。

被験者は中~重度の歯肉炎患者を含む59人です。0日目に歯科医による歯の洗浄が行なわれ、その際に、歯を清潔に保つために毎日のハミガキの後に1日2回、ガムを噛むよう指導し、14日目に再度受診し、変化を評価してもらいました。

その結果、L.ロイテリ菌を摂取することで、歯肉炎(歯肉炎指数により測定)と歯垢(歯垢指数により測定)が改善されることが明らかになりました。集落化については、L.ロイテリ菌‐1を摂取した被験者の65%、L.ロイテリ菌‐2を摂取した者の95%に確認できました。

対象分野:

関連記事

ページトップへ