ロイテリ菌について

ホーム > ロイテリ菌について > プロバイオティクス入門

プロバイオティクス入門

  • 医療現場でも活躍するプロバイオティクス

    2010年7月17日 | カテゴリー:プロバイオティクス入門

    バイオガイア社は特に本社のあるスウェーデンの多くの病院や介護施設などの医療の現場から、多くの臨床事例の報告を受けています。 便利な使用例 バイオガイア社の健康商品は健康の専門医などによって高く評価されています。弊社のプロバイオティック チュアブルタブレットは一日1粒、プロバイオティック ストローは一日1本、プロバイオティック ドロップは一日5滴という誰にでも簡単に覚えられる分かりやすい摂取法
  • 「本当のプロバイオティクス、良質のプロバイオティクス」とは

    2010年7月17日 | カテゴリー:プロバイオティクス入門

     今日世の中には「プロバオイティクス」「乳酸菌」などの名前がついているさまざまな健康食品やサプリメントがありますが、そのなかでの商品の選び方の基準はどんなところにあるのでしょうか。  実はプロバイオティクスをうたっていても、「本当のプロバイオティクス、良質のプロバイオティクス」とは言えないものが殆どですので、まずは次のような点に注意してみてください。 どんな種類の菌株を使用しているのか明示され
  • プロバイオティクスの二次的効果について

    2010年7月17日 | カテゴリー:プロバイオティクス入門

    プロバオイティクスが悪玉菌と戦い、私たちの健康にもたらす有益な効果には次のようなものがあります。 腸内にいる悪玉菌と戦うことで、より多くの栄養素を獲得できるようにする ピロリ菌などの悪玉菌が腸壁などに接触しないようにする 悪玉菌の増殖を妨げる天然の抗生物質「ロイテリン」を分泌し、殺菌する またこれ以外にもプロバイオティクスは、消化機能や免疫システムを高めてよい状態で維持しようとするはたらきをもっ
  • プロバイオティクスの主な効果

    2010年7月17日 | カテゴリー:プロバイオティクス入門

     プロバイオティクスがもたらす健康への効果のうちよく知られているものは次の通りです。 胃腸炎等の症状がはやくなくなるようにする 抗生物質による治療にともなう副作用を軽減する その他の分野でプロバオイティクスが使用されることで次のような効果があることが近年明かにされてきています。 乳糖過敏症を和らげる 旅行や環境の変化で起こる下痢などのリスクを軽減する 胃腸炎や消化不良を和らげ、お腹の調
  • ラクトバチルス・ロイテリ菌とは

    2010年7月17日 | カテゴリー:プロバイオティクス入門

    ラクトバチルス・ロイテリ菌は、WHO/FAOが要求している(WHO/FAO 2002)人間の健康に有益な影響を与える「プロバイオティクス」のすべての条件をもっているプロバオイティクス乳酸菌です。 これまでロイテリ菌の効果および安全性は、すべての世代の3000人以上もの被験者に対する40種類の臨床試験によって研究されてきました。この研究成果は、学会誌で25もの論文として公開されて
  • 「プロバイオティクス」とは

    2010年7月17日 | カテゴリー:プロバイオティクス入門

    「プロバイオティクス」とは「生命体のためになるもの」(pro-biotics)という意味の合成語「アンチ・バイオティクス」(抗生物質)の逆で、通常私たちの消化システムや免疫システムに役にたつ「善玉菌」の総称です。 古来これらの善玉菌は、チーズやサワークラフトなどの形で健康食品として活用されてきましたが、近年になって予防医学の観点からその効果が見直され、現在ではひろく世界にさまざまな形で商品化されて

ページトップへ