よくあるご質問

ホーム > お客さまサポート > よくあるご質問 > 小児科・産婦人科分野の質問一覧

小児科・産婦人科分野

【アレルギー疾患】アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、ホコリ、ダニ、汗、食べ物といった特定の物質に対してアレルギー反応を起こし、かゆみを伴う湿疹、発疹が繰り返し起こる疾患で、アレルギー疾患の一種です。

アトピーの原因にはアレルギー要因と非アレルギー要因があります。赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因にも同様の事が言えます。アレルギー要因の代表的なものには食物やダニなどがあり、非アレルギー要因として、遺伝子(アレルギー体質や乾燥しやすい肌体質など)、環境などがあります。

近年の研究では、生後2歳までにアトピー性皮膚炎や何らかのアレルギーを発症した子どもは、その後12歳までに喘息などのより重篤なアレルギー症状を発生する確率が4.6倍も高くなると言われています。

【アレルギー疾患】アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状ってどうして起こるのですか?

体には、病原微生物などの異物(抗原)を排除して体を守るために働く免疫機能が備わっています。

この機能に異常が生じると、特定の抗原に対して過剰な反応が起こり、その結果アトピー性皮膚炎、くしゃみ、鼻水、じん麻疹などのアレルギー症状が現れます。

多くの人達にはまったく無害な物質が、少数の人にアレルギー症状を引き起こします。

アレルギー症状を起こしている人にはIgE抗体という物質が体の中で多く産生されている傾向があります。

IgE抗体とは、もともと寄生虫を攻撃するために存在していた抗体ですが、寄生虫の感染が稀になった先進国ではアトピー性皮膚炎、花粉アレルギー、じん麻疹、薬剤アレルギー症状の原因となっています。

【アレルギー疾患】アトピー性皮膚炎やその他アレルギー症状と幼児期との関係は?

アトピー性皮膚炎は、8割の方が5歳までに発症すると言われています。

近年の研究では、生後2歳までにアトピー性皮膚炎や何らかのアレルギー症状を発症した子どもは、その後12歳までに喘息などのより重篤なアレルギー症状を発生する確率が4.6倍も高くなると言われています。

すなわち、幼児期までにいかにアレルギー症状を発症させないかが重要です。

【子どもの病気】赤ちゃんの下痢の原因は?

乳幼児にとってげりはかぜのつぎによくかかる病気です。

乳幼児はまだ腸や大腸が十分に発達していないために、摂取したものが十分に消化吸収できなかったり、腸からの分泌液がふえたり、腸のぜん動運動がたかまったりしてげりになりやすいのです。

また赤ちゃんのげりのおおきな原因となるのはウイルス感染ですので、夏場の感染菌が集団発生する時期には要注意です。

日頃から善玉菌を積極的に摂取して健康な腸内環境にととのえていくことが大切です。

【子どもの病気】乳児疝痛(腹痛)と泣く時間の関係は?

赤ちゃんは言葉で伝えられないかわりに、泣くことで何かを伝えようとします。

お腹がすいていないのに泣き止まない時間が1日約2〜3時間週に3日以上あり、数週間にも及ぶ場合は疝痛(せんつう)である事が考えられます。

又その症状は時間と場所を選ぶことはありません。

その症状が夜に出る場合、いわゆる夜泣きは育児をされる方にとっても大変な負担となります。

胃腸機能を正常化させることで泣く時間をへらすことは、赤ちゃんの負担をへらすことだけでなく、そのほかの内科的疾患も予防することになります。

また同時に育児をされる方の精神的・肉体的な負担を軽減させることにもつながります。

【母乳改善】母乳品質の改善について

乳児は主に母乳から免疫物質を摂取しています。

しかし最近の研究では、食生活や生活環境、ストレスなどでこの免疫物質が少なかったり含まれていない母乳が多い事がわかってきました。

母乳にはビフィズス菌などの善玉菌が多く含まれている事から、善玉菌が赤ちゃんの健康を維持する働きの一つではないかと考えられています。

これらのことからお母さんが善玉菌を補給する事で、母乳の品質を改善させることができると言われています。

【最新予防】医療と福祉の先進国の スウェーデンでは、どんな取り組みをしているのですか?
スウェーデンでは善玉菌が、急性の下痢で入院中の乳児の治療に効果的なこと、乳児の疝痛や未熟児の感染症の抑制、子供の対処療法の回数を減らすこと、またアトピー性皮膚炎を代表とするアレルギー症状の発症や各種感染症の発症を抑制することに有効であるという治験データが数多くあり、実際に予防医学として乳酸菌を使うことが定着しております。又、抗生物質等の薬剤だけでなく、母乳改善すべき母親や、乳児や子供から高齢者までが日々無理なく乳酸菌を摂取し、免疫力を補っていく取り組みをしており、これを「バクテリアセラピー」(菌質管理)と言います。
【子どもの病気】L.ロイテリ菌を摂取することにより乳児疝痛がなくなるのは、体質改善が起きたからなのでしょうか?また、小児乳児も成人と同程度摂取してもよいのでしょうか?
基本的には腸管内の菌叢を改善することにより乳児疝痛が緩和されるものと考えます。もちろん乳児、小児に同量与えても問題ありませんし、この時期の免疫システムに与える影響を考慮すると、むしろ積極的に与えるべきだと思います。
【お客様サポート・摂取方法】小児が服用する際の服用量も1タブレットでいいのでしょうか?

はい。成人も乳幼児も1タブレット(1億個)で十分です。L. ロイテリ菌 は生きた乳酸菌であり消化管内で増殖します。消化管の大きさに応じて(成人は大きく、乳幼児は小さい)効果的にコロニーを形成します。医薬品の場合は、摂取量分の有効成分しか体内に供給できませんから、体のサイズに応じた摂取量が決められているのです。

【アレルギー疾患】L.ロイテリ菌は小児アトピーの症状改善やリスクに効果があるようですが、成人アトピーやアレルギー由来の呼吸器疾患に対しての効果はどのようでしょうか?

成人に関する効果の確認は行っていません。
しかし、毎日ロイテリ菌を摂取することにより免疫のバランスへの影響があるかも知れません。

ページトップへ