よくあるご質問

ホーム > お客さまサポート > よくあるご質問 > 小児科・産婦人科分野 > 【アレルギー疾患】アトピー性皮膚炎などの...

【アレルギー疾患】アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状ってどうして起こるのですか?

カテゴリー:小児科・産婦人科分野, 免疫・アレルギー分野

体には、病原微生物などの異物(抗原)を排除して体を守るために働く免疫機能が備わっています。

この機能に異常が生じると、特定の抗原に対して過剰な反応が起こり、その結果アトピー性皮膚炎、くしゃみ、鼻水、じん麻疹などのアレルギー症状が現れます。

多くの人達にはまったく無害な物質が、少数の人にアレルギー症状を引き起こします。

アレルギー症状を起こしている人にはIgE抗体という物質が体の中で多く産生されている傾向があります。

IgE抗体とは、もともと寄生虫を攻撃するために存在していた抗体ですが、寄生虫の感染が稀になった先進国ではアトピー性皮膚炎、花粉アレルギー、じん麻疹、薬剤アレルギー症状の原因となっています。

ページトップへ