よくあるご質問

ホーム > お客さまサポート > よくあるご質問 > 小児科・産婦人科分野 > 【アレルギー疾患】アトピー性皮膚炎やその...

【アレルギー疾患】アトピー性皮膚炎やその他アレルギー症状と幼児期との関係は?

カテゴリー:小児科・産婦人科分野

アトピー性皮膚炎は、8割の方が5歳までに発症すると言われています。

近年の研究では、生後2歳までにアトピー性皮膚炎や何らかのアレルギー症状を発症した子どもは、その後12歳までに喘息などのより重篤なアレルギー症状を発生する確率が4.6倍も高くなると言われています。

すなわち、幼児期までにいかにアレルギー症状を発症させないかが重要です。

ページトップへ