よくあるご質問

ホーム > お客さまサポート > よくあるご質問 > 小児科・産婦人科分野 > 【子どもの病気】乳児疝痛(腹痛)と泣く時...

【子どもの病気】乳児疝痛(腹痛)と泣く時間の関係は?

カテゴリー:小児科・産婦人科分野

赤ちゃんは言葉で伝えられないかわりに、泣くことで何かを伝えようとします。

お腹がすいていないのに泣き止まない時間が1日約2〜3時間週に3日以上あり、数週間にも及ぶ場合は疝痛(せんつう)である事が考えられます。

又その症状は時間と場所を選ぶことはありません。

その症状が夜に出る場合、いわゆる夜泣きは育児をされる方にとっても大変な負担となります。

胃腸機能を正常化させることで泣く時間をへらすことは、赤ちゃんの負担をへらすことだけでなく、そのほかの内科的疾患も予防することになります。

また同時に育児をされる方の精神的・肉体的な負担を軽減させることにもつながります。

ページトップへ