よくあるご質問

ホーム > お客さまサポート > よくあるご質問 > 小児科・産婦人科分野 > 【最新予防】医療と福祉の先進国の スウェ...

【最新予防】医療と福祉の先進国の スウェーデンでは、どんな取り組みをしているのですか?

カテゴリー:小児科・産婦人科分野, 免疫・アレルギー分野

スウェーデンでは善玉菌が、急性の下痢で入院中の乳児の治療に効果的なこと、乳児の疝痛や未熟児の感染症の抑制、子供の対処療法の回数を減らすこと、またアトピー性皮膚炎を代表とするアレルギー症状の発症や各種感染症の発症を抑制することに有効であるという治験データが数多くあり、実際に予防医学として乳酸菌を使うことが定着しております。又、抗生物質等の薬剤だけでなく、母乳改善すべき母親や、乳児や子供から高齢者までが日々無理なく乳酸菌を摂取し、免疫力を補っていく取り組みをしており、これを「バクテリアセラピー」(菌質管理)と言います。

ページトップへ