よくあるご質問

ホーム > お客さまサポート > よくあるご質問 > 消化器内科分野の質問一覧

消化器内科分野

【ピロリ菌】ピロリ菌とは?
ピロリ菌は胃の粘膜に生息しているらせんの形をした細菌です。胃には強い酸があるため、昔から細菌はいないと考えられていましたが、1983年にオーストラリアのワレンとマーシャルという医師が胃からの分離培養に成功し、ピロリ菌が胃の中に生息していることがわかりました。その後の研究から、ピロリ菌が胃潰瘍、十二指腸潰瘍、その他の胃の病気に深くかかわっていることが明らかにされてきました。
【ピロリ菌】ピロリ菌の感染率はどのくらいですか?
現在日本人の約50%以上・40代以上は80%がピロリ菌に感染しているとの調査結果があります。人から人への経口感染(口から口)がほとんどで、家族内での感染(たとえば、一度口に入れた食べ物を子供に与えるなど)などで多くが5歳までの幼少時に感染します。しかし感染すると必ず病気が発症するわけではなく、ピロリ菌に感染している人の約5%の人が病気を発症するに留まります。ただし、ピロリ菌の感染は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎の原因になり、さらに胃癌の発生に深くかかわっていることがわかりました。実に胃潰瘍患者の約80%以上がピロリ菌感染者であるとの報告もされています。
【ピロリ菌】ピロリ菌に感染した場合の治療方法は?また潰瘍の再発は?
基本的には、消化性潰瘍薬(胃酸の分泌を抑える薬)+2種類の抗生剤を1週間内服する除菌治療があります。除菌治療中は下痢、腹痛、味覚異常、舌炎、口内炎、アレルギー(湿疹)などの副作用が心配されます。最近、抗生剤に対する耐性菌の出現による除菌率の低下のため初回除菌に失敗した場合は2次除菌治療を行う場合が増えています。また、除菌治療を行うことによって、大部分の潰瘍の再発が抑制されることがわかってきました。 ただし、絶対再発しないというわけではありません。
【ピロリ菌】ピロリ菌に感染した場合、ロイテリ菌で除菌できますか?

胃酸の分泌を抑える効果がある消化性潰瘍薬とロイテリ菌を組み合わせた治療の結果、ロイテリ菌を摂取した患者の60%がピロリ菌感染症状がなくなったという研究結果があります。

また、抗生剤での治療の場合にも善玉菌摂取を加える事で抗生剤による副作用の緩和も確認されております。

この他、ピロリ菌除菌治療をされた方は再発の不安をお持ちかと思います。残念ながらそれらを予防するような薬はございませんが、ロイテリ菌の摂取による再発予防法を考えてみられてはいかがでしょうか。

ロイテリ菌によるピロリ菌感染症状抑制効果について

ロイテリ菌によるピロリ菌抑制効果について

【下痢】下痢はどうして起こるの?

下痢とは、胃腸が栄養素を吸収できずに排出してしまっている状態のことを言います。

下痢には大きく分けて、急におなかが痛くなる急性の下痢と、2週間以上続く慢性の下痢があります。急性の下痢の原因は冷たいものの摂りすぎや暴飲暴食、ウイルスの感染によっておこるもの、過度のストレスによるものなど様々な理由が挙げられます。

これらの原因によって腸内の善玉菌が減り、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れることによって下痢が発生するのです。他にはある一定の食品が体質と合わないためにアレルギー反応を起こすため下痢になる場合もあります。

心配なのが、2週間以上続く慢性の下痢の場合です。過敏性腸症候群やクローン病などの病気が原因の場合がありますので病院で検査をされることをお勧めします。

また下痢をすると体の水分が大量に流出していますから、脱水症に気をつける必要があります。

【下痢】下痢を防ぐには?
下痢の原因はいろいろとありますが体質的に下痢になりやすい傾向にある人がいます。

下痢の原因もまた、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスの崩れにあります。

腸内菌叢を活性化させ、善玉菌をお腹に増やして腸内菌叢を良好な状態に保つ事で、下痢も改善されます。

特に急性の下痢の場合は、抗生剤での治療が一般的ですがその場合体の中の善玉菌も一緒に殺菌してしまうので、日頃から善玉菌を積極的にとり健康な腸内環境に整えて行くことが大切です。

【便秘】便秘はどうして起こるの?
便秘とは老廃物や有害物質が長く腸内に停滞している状態のことを言います。 便秘の原因としては、生活習慣やストレスなどによって腸のぜん動活動がうまくいかないことが原因とされております。便秘などの状態で老廃物を長期間体内に停滞させることにより、腸内に悪玉菌が増え有害な物質が発生します。腸内に有害な物質が発生すると肌荒れや口臭や体臭を発生させるだけでなく、体の不調を感じるようになりさらには免疫力も低下してしまいます。これらのことから、腸内環境を整えることが健康への近道だということがわかります。
【便秘】毎日出ないと便秘ですか?
便の状態は人によって違いますが、目安としては3日以上便が出ない、もしくは出ても少量や便が残っている感じがあるといった状態は便秘と考えられます。1日でも出ないと辛いという方もいらっしゃいますが、毎日でなくても調子がよければ問題はありません。ただ、食べ物の消化から排泄までは30~100時間と言われていますので、6日以上出ない場合は何らかの異常が考えられます。
【免疫力低下】腸内環境を整えることが大切だと言われるのはどうしてですか?
私たちの体の中で、腸は大きな役割を果たしています。なぜなら腸が弱っていると栄養の吸収ができませんし免疫力が下がります。腸の働きが鈍くなり、腸内フローラに異変が起こると病原菌が増殖し、病気を引き起こしたりします。もともと人の体内には人の体に有益な働きをする「善玉菌」、有害な「悪玉菌」、普段はどちらでもないけれど体力や免疫力が低下すると有害になる場合がある「日和見菌」の3種類の細菌類が棲んでいます。(約500種500兆個、約1~2㎏相当)近年の研究では、健康な人は善玉菌がしっかり働いて悪玉菌や日和見菌が暴れるのを抑えてくれていますが、体力の低下した方や長期にわたって抗生剤治療を受けておられる方、日々の生活の中でストレスを多く感じられているような方は善玉菌が減ってしまい悪玉菌や日和見菌が暴れやすい状態になっている場合が多いことが知られてきました。つまり腸内環境を整えることが皆さんの健康と非常に密接に関係で非常に大切だということがわかります。
【便秘】ロイテリ菌で便秘を予防できますか?

健康的な腸内環境を保つためには、日常的に善玉菌などを摂取し、腸内環境のバランスを整える事が必要です。

ロイテリ菌は腸の中でコロニーを形成し、腸の働きを助けることが分かっています。 ロイテリ菌を慢性便秘の幼児に与えると腸の運動が増加するという臨床治験データがあるように、 ロイテリ菌によって便秘の予防が期待できます。

慢性便秘を伴う幼児におけるロイテリ菌の効果

過敏性腸症候群に対するロイテリ菌の効果

高齢者における便秘に対するロイテリ菌の効果

ページトップへ