よくあるご質問

ホーム > お客さまサポート > よくあるご質問 > 消化器内科分野 > 【免疫力低下】腸内環境を整えることが大切...

【免疫力低下】腸内環境を整えることが大切だと言われるのはどうしてですか?

カテゴリー:消化器内科分野

私たちの体の中で、腸は大きな役割を果たしています。なぜなら腸が弱っていると栄養の吸収ができませんし免疫力が下がります。腸の働きが鈍くなり、腸内フローラに異変が起こると病原菌が増殖し、病気を引き起こしたりします。もともと人の体内には人の体に有益な働きをする「善玉菌」、有害な「悪玉菌」、普段はどちらでもないけれど体力や免疫力が低下すると有害になる場合がある「日和見菌」の3種類の細菌類が棲んでいます。(約500種500兆個、約1~2㎏相当)近年の研究では、健康な人は善玉菌がしっかり働いて悪玉菌や日和見菌が暴れるのを抑えてくれていますが、体力の低下した方や長期にわたって抗生剤治療を受けておられる方、日々の生活の中でストレスを多く感じられているような方は善玉菌が減ってしまい悪玉菌や日和見菌が暴れやすい状態になっている場合が多いことが知られてきました。つまり腸内環境を整えることが皆さんの健康と非常に密接に関係で非常に大切だということがわかります。

ページトップへ