胃がんの原因 ピロリ菌除去後も遺伝子異常で再発リスク | NHK「かぶん」ブログ:NHK

  • 2017年09月05日

胃がんの手術が成功し、原因となるピロリ菌の除去をした人でも、「メチル化」と呼ばれる異常が遺伝子に多く蓄積していると、再びがんになるリスクが3倍高くなっているとする研究結果を国立がん研究センターなどのグループがまとめました。

 

詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min

コメントする

トップへ戻る
back to top