ショック! 妊婦歯周病が危ない! 10人に1人が低体重児・早産で生まれる日本の現状。

  • 2017年09月04日

なんと!  日本では10人に1人が低体重児・早産という異常事態。歯周病があると高齢出産や飲酒よりはるかに高リスク!

 

低体重児・早産のリスクが7倍以上(!)にも跳ね上がってしまう妊婦の歯周病。そのリスクは高齢出産よりもはるかに高くなります。

やっと授かった念願のベビー。万全の体制で赤ちゃんの健康な誕生を迎えたいパパやママはぜひご一読を!


なぜ歯周病があると低体重児・早産になりやすいのか?

これは歯周病菌が作る「菌毒素」が血液を介して胎児に送られ、胎児の健康的な成長を直接阻害するほか、その毒素の影響で子宮の異常収縮が起きることが原因と言われています。

 

妊婦歯周病リスク

 

ショック…。妊婦の約8割が「要治療」レベルの歯周病の日本!

日本では妊婦の約8割が歯周病であると報告されており、これは一般の罹患率を上回る数字となっています。

妊婦の場合、妊娠の影響で歯磨き粉や洗口液のニオイや味がダメになって、お口のケアがおろそかになりがちです。

また妊娠ホルモンなどの影響もあって、妊娠していない時よりも歯周病にかかりやすくなると考えられています。

 

妊婦歯周病有病率

 

抗生物質での治療が難しい「妊婦歯周病」

普通の人の歯周病は抗生物質で歯周病菌を退治する方法が一般的ですが、抗生物質は胎児に奇形などを誘発(催奇形成)するリスクがあるので、妊婦に対して使用する時は厳重に注意する必要があります。

歯周病菌はミクロのサイズですから歯ブラシで取り除くことは難しく、またマウスウオッシュしてもわずかに残った歯周病菌は一晩で爆発的に再繁殖してしまいます。

妊婦の歯周病罹患率がいつまで経っても未だに下がらない原因はここにあります。

歯医者さんにとっても、とても悩ましいのが妊婦歯周病なのです。

 

母子手帳の歯科検診クーポンを活用しましょう

bositetyou

地域によって異なりますが、近年は母子手帳に無料歯科検診の受診クーポンが添付されるようになっています。

「別に歯は痛くないのに歯医者さんに行かなくてはならないの?」

と思う人も多く、妊婦の歯科検診受診率は未だに20-40%程度にとどまっています。でもこの歯科検診で歯周病が見つかることが多く、その場合は赤ちゃんのためにも直ちに治療を開始するべきです。

 

大丈夫。妊婦の歯周病をキチンと治す方法がある!

抗生物質は使いたくない。それでも歯周病を治したい。どうしたらいいわけ?

そう思っている方はご安心下さい。最近ではお薬ではなく、歯周病の天敵である特別なプロバイオティクス乳酸菌を使用して歯周病菌を退治する新しい技術がスウェーデンから日本にも導入され始めています。天然乳酸菌を使うので体には全く害がないばかりか、ついでにおなかの調子まで良くなってしまうスゴイ方法です。

是非左の欄にある「全国オススメ歯科医院リスト」でお近くの専門医を見つけて相談してみてください。

近くにない場合はこのサイトの「ストア」でも直接その乳酸菌を配合した商品を手に入れることができます。

 

 

Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min

コメントする

トップへ戻る
back to top