マイナス1歳から!妊娠中からの口腔ケアの大切さ – 楽天WOMAN

  • 2017年09月25日

妊娠中は、ホルモンのバランスが変化すること、唾液の分泌が減ること、そして多くの妊婦さんは、つわりによって間食が増えることや歯磨きがしずらくなることがあります。こういったことが原因で、今まで虫歯になったことがない人も、妊娠中は虫歯になることがあります。今から生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊娠中から口腔ケアを行い、虫歯菌・歯周病菌を増やさない細菌環境を整えておくことが重要です。赤ちゃんが生まれると、歯科医院に通うことが難しくなります。妊娠中から出来る口腔ケアを身につけておきましょう。

詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓


引用元: 虫歯菌を減らしたい!妊娠中から出来る良い対策は? – 最新ライフスタイルニュース一覧 – 楽天WOMAN


 

Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min

コメントする

トップへ戻る
back to top