妊娠中のビタミンD欠乏症 子どもの自閉症の発症と関連(GIGAZINE) – goo ニュース

  • 2017年09月27日

妊娠中に葉酸を摂取することで、胎児の脊椎披裂の発生率を低下させることは、多くの妊婦さんが知っており、産婦人科では妊娠中に葉酸を摂取することを推奨されます。更に、妊娠中にビタミンDを摂取することは、生まれてくる子供の成長に影響することがわかりました。

詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓


引用元: 妊娠中のビタミンD欠乏症が子どもの自閉症の発症と関連していることを研究で確認(GIGAZINE) – goo ニュース


 

Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min

コメントする

トップへ戻る
back to top