バクテリアセラピーはどんな人に向くのか? / 対象医療領域

  • 2017年09月04日
  • コメント(2)

抗生物質を必要最低限に抑えるために。

例えば歯周病や風邪などの細菌感染症を治療する際には菌を殺菌する薬剤として抗生物質が使用されます。

抗生物質は、病原菌を短期間で殺菌する力が強いお薬で、感染症の治療には非常に有効な手段です。しかし、その一方で抗生物質は体内の善玉菌や日和見菌も”皆殺し”にしてしまうため、多用するとおなかの調子が悪くなったり、常用すると菌が抵抗力をつけてしまって抗生物質でも除菌できない「薬剤耐性菌」を産んでしまうリスクがあります。

抗生物質にはその他、色々な副作用があるため必要以上に使用することはできません。特に小さな赤ちゃんや高齢者、妊婦には十分に気をつけて処方する必要があります。そのため、健康な時に予防的に服用することもできません。

バクテリアセラピーは抗生物質を避けたい患者さんにも実施できる安心で安全な新しい方法として注目されており、特に新生児の感染症予防や治療の領域から普及していきました。

Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min

コメント一覧

  1. さえこ

    抗ガン剤治療中の方でも使用可能ですか?
    治療の副作用で口腔内が荒れて口内炎が多くできるようです。そんな時は、ブラッシングもなかなか出来ない状態だと思われます。

    抗ガン剤や投薬との関係性、口腔内の維持としてどうか知りたいです。

  2. biogaia

    お問い合わせありがとうございます。ご回答が大変遅くなり失礼致しました。
    抗癌剤治療中の方は体内菌叢が大きく乱れますので、ロイテリ菌を始めとする善玉菌を積極的に摂取されることを強く推奨致します。
    当社製品はいずれも「食品」であり、基本的に薬との飲み合わせの良し悪しはありません。

    特に抗がん剤などの投薬治療を受けられておられる方には、ロイテリ菌の使用を強く推奨致します。
    (ご回答者 : 野村)

コメントする

トップへ戻る
back to top