歯科医師が語るバクテリアセラピーとは【ルミナス白島通りデンタルクリニック:柏 典子 先生】

  • 2017年09月04日

ルミナス白島通りデンタルクリニック

院長  柏 典子 先生

 

・プロフィール

バイオガイアジャパン株式会社に主任研究員として勤務、世界中の医療現場で使用されている乳酸菌(L.reuteri)を用いたバクテリアセラピー(細菌療法)を自ら臨床研究を行い、全国各地で講演、症例発表をおこなう。

自らの症例および共同臨床研究については、歯科専門誌等に発表。その経験を生かした臨床をすべく、ルミナス白島通りデンタルクリニックを開院。

 

・バクテリアセラピーとの出会い

歯科医師になって患者さんの診療をしている時に、歯磨きが上達しても歯周病が改善しにくい患者さんがおられることに悩んでいました。その時に、バクテリアセラピーに出会い口腔内の菌だけでなく、体内の菌の調和が大事だと知りました。

症状がでた時に抗菌剤で菌を殺すだけでなく、菌質改善こそが、体調の維持につながると感じました。実際に歯周病の患者さんに、バクテリアセラピーに取り組んでもらった結果、口腔内の改善とともに胃腸の調子が良くなったり、アレルギー症状の緩和がみられたり、お口以外にも効果がみられました。腸内環境を整えることにより免疫力があがり、体質の改善が起きていることを患者さんを通じて感じました。

このような経験をきっかけに、バクテリアセラピーをより多くの患者さんに紹介したいと思いました。

 

・BioGaiaの研究員として

バクテリアセラピーと出会い、ロイテリ菌の事をもっと知りたくなり、BioGaiaに研究員として在籍し、大の苦手だった細菌学の勉強をやり直しました。

学校の勉強では、主に病原菌についての内容がメインでした。つまり、感染すると病気になり、どんな症状がでるかなど、悪いことが中心の内容でしたが、研究員としての勉強は魅力的でした。

その後は、研究員としてロイテリ菌がどのような疾患に効果的であるかなどの多くの研究や、バクテリアセラピーを取り組んだ実際の患者さんの喜びの声などを全国の歯科医院にご紹介しながら、多くの先生方とバクテリアセラピーの新しい可能性について検討していきました。その経験をもとに、患者さんとお話をしながら、体のお悩みを解決できるようにと考え、歯科医院を開院しました。

今後も患者さんのために、バクテリアセラピーを紹介していきます。

 

about_kashiwa

ルミナス白島通りデンタルクリニック

院長 柏 典子

【所属学会】
日本アンチエイジング歯科学会

・認定医
・バクテリアセラピスト
・サプリメントアドバイザー
・平成25年1月より学会理事を務める

 

 

 

Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min

コメントする

トップへ戻る
back to top