低出生体重児の会「カンガルーの親子」 悩み分かち合い10年 福岡県に5カ所、150人 – 西日本新聞

  • 2017年09月05日

低体重で生まれた赤ちゃんと家族のための会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」(福岡県筑紫野市)が今秋、発足から10年を迎える。「Nっ子」は新生児集中治療室(NICU)で過ごし、小さな体で手術などの困難を乗り越えた子どもたちを指す。その親たちがわが子の成長や発達の不安を語り合う場は福岡県内5カ所に広がり、4月から「Nっ子ネットワーク」として活動の幅を広げている。

 

詳しくはこちらをご覧ください。↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

情報源: 低出生体重児の会「カンガルーの親子」 悩み分かち合い10年 福岡県に5カ所、150人 – 西日本新聞

Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min

コメントする

トップへ戻る
back to top