プロデンティスとプロテクティスって、何が違うのでしょうか?

2019年08月28日

 

「Protectis プロテクティス 30錠」「Prodentis プロデンティス30錠」を含む、弊社全ての商品には、ヒト由来の乳酸菌「L. reuteri ロイテリ菌」の菌株を「生菌」のまま、冬眠状態で配合しています。

 

「Protectis プロテクティス30錠」には、母乳由来のL. reuteri ロイテリ菌株を、1粒あたり1億個以上配合しています。

この菌株の特徴は、胃酸や胆汁への耐性があるため、そのまま腸まで生きて届くことができ、「ロイテリン」という抗菌物質を分泌。消化器官内に定着することで、むし歯菌・歯周病菌・ピロリ菌・口臭の原因となる様々な悪玉菌を抑制し、善玉菌優勢な体内細菌バランスに整えるよう働きかけます。風味はストロベリー味です。小さなお子様でもご使用いただけます。

 

「ProDentis プロデンティス30錠」には、上記の菌株に加えて、口内由来のL. reuteri 菌株を1億個以上配合しています(併せて二億個/1粒になります)。

この菌株の特徴は、口腔内に定着して歯肉の出血や炎症を抑制するはたらきがあります。母乳由来の菌株むし歯菌や歯周病菌など、様々な悪玉菌を抑制し、さらに口腔由来の菌株で、炎症を緩和する効果があります。風味はさわやかなミント味です。