赤ちゃんのためのプロバイオティクス
腸内環境改善で健康的な生活をサポート
口からはじめる全身の健康管理 口内菌質 改善計画
活力あるたいな菌づくり 伸ばそう健康寿命
"泣く子は育つ"はもうやめませんか?
赤ちゃんのためのプロバイオティクス
腸内環境改善で健康的な生活をサポート
口からはじめる全身の健康管理
口内菌質 改善計画
活力あるたいな菌づくり
伸ばそう健康寿命

Welcome to a world of probiotics

BioGaia Academy

BioGaia Webinar

L. reuteri菌摂取により高齢女性の骨喪失が減少/BioGaia press release

  • 2017年11月24日

プレスリリース 2017年11月17日

90名の高齢女性を対象としてプロバイオティクスL. reuteri菌株ATCC PTA 6475を補助的に投与し骨喪失の抑制効果をプラセボと比較する無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験

 

reuteri菌株ATCC PTA 6475はヒトの消化管に自然に生息する細菌で、動物の骨に有益な影響をもたらすことが知られています。骨密度が低い75歳から80歳の高齢女性に対してL. reuteri菌株ATCC PTA 6475又はプラセボを補助的に1年間摂取させる無作為化対照試験が、スウェーデンのヨーテボリ大学で行われました。L. reuteri菌を摂取した群では骨密度の減少が、プラセボの半分であることが示されました。

 

スウェーデンのヨーテボリ大学及びモルンダルにあるSahlgrenska大学病院のMattias Lorentzon 教授は、「プロバイオティクス製品を補助的に摂取することにより年齢による骨減少が抑制されることのエビデンスが初めてこの試験で得られました。これは、骨粗鬆症を予防する画期的な方法になるかもしれません。」と述べています。

 

また、バイオガイア株式会社のアクセル・ショブラッド社長は「骨折は高齢女性の半数近くに起きます。L. reuteri菌株ATCC PTA 6475の摂取群では、骨減少が減っていたことから、これはとても有望視されています。さらに試験を実施して結果を裏付けることにより、この新たな方法を高齢者の骨の健康維持に役立たせることができると期待しています。」とコメントしました。

 

詳しくは下記までお問い合わせ下さい。

Axel Sjöblad, 代表取締役 BioGaia, TEL: +46 8 555 293 00, +46 705 35 93 51

野村 慶太郎,国内法人代表取締役, TEL: 082-504-7788

 

最新のプレスリリース

2017年11月7日:バイオガイアのプロバイオティクスに乳幼児の成長促進及び再発下痢の抑制効果

2017年10月25日:バイオガイアAB中間管理報告(2017年1月1日~2017年9月30日)

2017年8月18日:バイオガイアAB中間報告(2017年1月1日~2017年6月30日)

 

本文書に記載された情報はEU の市場阻害行為指令(Market Abuse Directive)に基づきバイオガイア株式会社が公開した情報です。本情報は、20171117日のAM CET 08:00時に上記の連絡先担当より公開資料として提出されました。

 

バイオガイア社は、科学的根拠と臨床治験データに基づいたプロバイオティクス製品の開発、販売活動を行うスウェーデン生まれのバイオテクノロジー企業です。バイオガイアのプロバイオティクス製品は世界約90ヵ国にある販売代理店を通して販売されています。株式会社のクラスB株は、スウェーデン、ストックホルム株式市場ナスダックOMX証券取引市場のミッドキャップリストに上場されています。 www.biogaia.com

 

続きを読む >
Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min
arr_slideToggle

プレスリリース 2017年11月17日 90名の高齢女性を対象としてプロバイオティクスL. reuteri菌株ATCC PTA 6475を補助的に投与し骨喪失の抑制効果をプラセボと比較する無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験   reuteri菌株ATCC PTA 6475はヒトの消化管に自然に生息する細菌で、動物の骨に有益な影響をもたらすことが知られています。骨密度が低い75歳から80

(続きを読む)

BioGaiaのプロバイオティクスに成長促進、下痢再発予防効果 /BioGaia press release

  • 2017年11月14日

プレスリリース 2017年11月7日

急性の下痢を発現した乳幼児71名を対象とした無作為化、対照パイロット試験において、腸内細菌迅速検査及びL. reuteri Protectisの60日間摂取を併用した場合は、標準ケア及びプラセボ投与に比べて幼児の身長が顕著に伸びており、また、下痢の再発頻度が著しく低下したことが示されました。ボツワナで行われた本試験は、南アフリカでは初めてのプロバイオティクス製品による急性胃腸炎無作為化試験です。

「素晴らしい結果です。南アフリカ地域の子供たちにとって下痢は命にかかわる場合もあり大変大きな問題です。我々が行った試験では、reuteri DSM 17938の摂取によりこの状況が大きく改善されることがわかりました。過去に行われたプロバイオティクスの試験では、下痢の期間など、どちらかといえば、家族や、医師などの医療サイドの視点に焦点を当てたものであり、成長阻害と直接関連している標準身長、認知機能の低下及び成人後の生活/機能への影響などのハードな結果ほど重要性が高いものに目を向けたものではありませんでした。

本試験において腸内細菌迅速検査及びL.reuteri DSM 17938を60日間の摂取を併用したところ、年齢別の標準的な身長が劇的に伸びていること、またフォローアップ期間での下痢の再発率が93%低下していることが明らかになりました。」と、本試験の治験責任医師であるカナダオンタリオ州ハミルトンのMcMaster 小児病院のJeffrey Pernica准教授は述べています。

 

下痢による死亡及び障害

下痢は、世界中の5歳未満の乳幼児の死亡の原因の第2位であり、さらに成長障害、認知機能障害の主な原因でもあります。手段が限定された環境において、下痢の管理方法の改善が強く求められています。

本試験の結果、迅速な腸内細菌の分子診断(これによりタイムリーな標的抗菌療法が可能になる)及びL. reuteri Protectis摂取はいずれも、サブサハランアフリカの限定的な環境でも実現可能な手段であることが実証されました。この2つの介入により乳幼児の成長が顕著に促進され、下痢の再発も減少しました。次のステップはより多くの小児の試験を実施して、これらの所見を実証することです。

バイオガイア株式会社のアクセル・ショブラッド社長は以下のコメントを発表しました。「本試験の結果は2015年10月にすでに報告しておりますが、ここで再度あらためて、この素晴らしい結果について説明させていただきます。L. reuteri Protectisは、下痢によって結果的に生じる小児の成長障害、認知機能の低下、または成人後の生活/機能への影響などを軽減し、下痢の再発、成長促進及び生活の質の向上に寄与する可能性があるという事実は南アフリカ地域の子供たちにとって大きな希望となります。」

本試験の結果は2017年10月9日付のPLOS ONE で掲載されています(ここをクリック)。 当社は、2017年10月に本試験が初めて公表された アメリカ、サンディエゴの感染病予防週間フォーラムですでに試験結果を公表しています。

 

詳しくは下記までお問い合わせ下さい。

Axel Sjöblad, 代表取締役 BioGaia, TEL: +46 8 555 293 00, +46 705 35 93 51

野村 慶太郎, 日本法人代表取締役, TEL:082-504-7788

 

最新のプレスリリース

2017年10月25日:バイオガイアAB中間管理報告(2017年1月1日~2017年9月30日)

2017年8月18日:バイオガイアAB中間決算報告(2017年1月1日~2017年6月30日)

2017年6月21日:バイオガイア プロバイオティクス製品開発子会社を設立

 

バイオガイア社は、科学的根拠と臨床治験データに基づいたプロバイオティクス製品の開発、販売活動を行うスウェーデン生まれのバイオテクノロジー企業です。製品はプロバイオテイックス乳酸菌「L.reuteri 」を主体とし、生体活動を支え、健康を増進する効果があります。バイオガイアABのクラスB株は、スウェーデンス、ストックホルム株式市場ナスダックOMX証券取引市場のミッドキャップリストに上場されています。 www.biogaia.com

続きを読む >
Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min
arr_slideToggle

プレスリリース 2017年11月7日 急性の下痢を発現した乳幼児71名を対象とした無作為化、対照パイロット試験において、腸内細菌迅速検査及びL. reuteri Protectisの60日間摂取を併用した場合は、標準ケア及びプラセボ投与に比べて幼児の身長が顕著に伸びており、また、下痢の再発頻度が著しく低下したことが示されました。ボツワナで行われた本試験は、南アフリカでは初めてのプロバイオティクス製

(続きを読む)

Q…甘味料スクラロースが入っているので心配しています。副作用はありませんか。

  • 2017年10月23日

スクラロースはEU諸国、米国、メキシコ、カナダ、オーストラリア、日本をはじめ、多くの国で医学・科学分野の専門家によって、長期間にわたる研究と安全性試験が実施されており、使用基準にもとづいた高い安全性が科学的に立証されています。

そして、体内に取り込まれても、24時間以内にほぼ100%が代謝や分解されずに排出されることも報告されています。

こういった安全性を確認した上で、バイオガイアでは一部の商品の甘味料に、スクラロースを使用しております。

続きを読む >
Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min
arr_slideToggle

スクラロースはEU諸国、米国、メキシコ、カナダ、オーストラリア、日本をはじめ、多くの国で医学・科学分野の専門家によって、長期間にわたる研究と安全性試験が実施されており、使用基準にもとづいた高い安全性が科学的に立証されています。 そして、体内に取り込まれても、24時間以内にほぼ100%が代謝や分解されずに排出されることも報告されています。 こういった安全性を確認した上で、バイオガイアでは一部の商品の

(続きを読む)

インプラント 治療前後の手入れが重要|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

  • 2017年10月05日

インプラントの周囲は、自然の歯より周囲炎や粘膜炎が悪化しやすくなります。そのため、インプラントは治療前後のケアがとても重要です。治療前後の手入れを怠ると、インプラントの周囲に細菌が感染して炎症が起きるなど、様々なトラブルへと繋がります。

詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓


引用元: 治療前後の手入れを怠ると… インプラント抜けるかも|ヘルスUP|NIKKEI STYLE


 

続きを読む >
Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min
arr_slideToggle

インプラントの周囲は、自然の歯より周囲炎や粘膜炎が悪化しやすくなります。そのため、インプラントは治療前後のケアがとても重要です。治療前後の手入れを怠ると、インプラントの周囲に細菌が感染して炎症が起きるなど、様々なトラブルへと繋がります。 詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓ 引用元: 治療前後の手入れを怠ると… インプラント抜けるかも|ヘルスUP|NIKKEI STYLE  

(続きを読む)

妊娠中のたばこ 赤ちゃんのアトピー性皮膚炎 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

  • 2017年09月29日

妊娠中の喫煙・受動喫煙の影響は、出産時のトラブルや、出産後の子供の乳幼児突然死症候群や気管支ぜんそくなどの発症リスクを高めると、これまでの研究で指摘されています。更に、子供のアトピー性皮膚炎や乳児湿疹は、母親のお腹にいる時のたばこの煙が関係していることが明らかになってきました。

詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓


引用元: たばことアトピー性皮膚炎…妊娠中、赤ちゃんに影響 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)


 

続きを読む >
Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min
arr_slideToggle

妊娠中の喫煙・受動喫煙の影響は、出産時のトラブルや、出産後の子供の乳幼児突然死症候群や気管支ぜんそくなどの発症リスクを高めると、これまでの研究で指摘されています。更に、子供のアトピー性皮膚炎や乳児湿疹は、母親のお腹にいる時のたばこの煙が関係していることが明らかになってきました。 詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓ 引用元: たばことアトピー性皮膚炎…妊娠中、赤ちゃんに影響 : yomiDr.

(続きを読む)
back to top