赤ちゃんのためのプロバイオティクス
腸内環境改善で健康的な生活をサポート
口からはじめる全身の健康管理 口内菌質 改善計画
活力あるたいな菌づくり 伸ばそう健康寿命
"泣く子は育つ"はもうやめませんか?
赤ちゃんのためのプロバイオティクス
腸内環境改善で健康的な生活をサポート
口からはじめる全身の健康管理
口内菌質 改善計画
活力あるたいな菌づくり
伸ばそう健康寿命

Welcome to a world of probiotics

BioGaia Academy

BioGaia Webinar

高齢者 口腔環境が悪化する前に「訪問歯科医」の重要性|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

  • 2017年09月07日

口腔ケアは健康寿命を延ばすと言われます。しかし、通院が難しい高齢者の中に、わざわざ介護タクシーで歯科医院へ足を運ぶ方はどのくらいいるのでしょう。寝たきりや体が不自由、認知症になったりすると、歯や歯茎が痛んでいても、また歯が抜けても放置していることがあります。通院できず、急速に症状が悪くなる高齢者も多いことが分かっています。自宅で定期的な歯科ケアが出来る「訪問歯科医」の重要性が注目されています。

詳しくはこちらをご覧ください。↓ ↓ ↓


引用元: 通院難しい高齢者の味方 「訪問歯科医」の活用法|ヘルスUP|NIKKEI STYLE


 

続きを読む >
Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min
arr_slideToggle

口腔ケアは健康寿命を延ばすと言われます。しかし、通院が難しい高齢者の中に、わざわざ介護タクシーで歯科医院へ足を運ぶ方はどのくらいいるのでしょう。寝たきりや体が不自由、認知症になったりすると、歯や歯茎が痛んでいても、また歯が抜けても放置していることがあります。通院できず、急速に症状が悪くなる高齢者も多いことが分かっています。自宅で定期的な歯科ケアが出来る「訪問歯科医」の重要性が注目されています。 詳

(続きを読む)

ちびちび飲み 虫歯より深刻な疾患に|健康・医療|NIKKEI STYLE

  • 2017年09月07日

歯は酸に弱いが、食品に含まれる酸は唾液が中和するため、普通は大きな問題ではありません。しかし近年、酸性の飲食物により歯が溶けてしまう症状が問題視されています。これを「酸蝕歯(さんしょくし)」と言います。虫歯、歯周病に次ぐ第3の歯の疾患として問題になっています。

詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓


引用元: 虫歯より深刻「酸蝕歯」 ちびちび飲み、歯には負担|健康・医療|NIKKEI STYLE


 

続きを読む >
Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min
arr_slideToggle

歯は酸に弱いが、食品に含まれる酸は唾液が中和するため、普通は大きな問題ではありません。しかし近年、酸性の飲食物により歯が溶けてしまう症状が問題視されています。これを「酸蝕歯(さんしょくし)」と言います。虫歯、歯周病に次ぐ第3の歯の疾患として問題になっています。 詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓ 引用元: 虫歯より深刻「酸蝕歯」 ちびちび飲み、歯には負担|健康・医療|NIKKEI STYLE

(続きを読む)

胃がんの原因 ピロリ菌除去後も遺伝子異常で再発リスク | NHK「かぶん」ブログ:NHK

  • 2017年09月05日

胃がんの手術が成功し、原因となるピロリ菌の除去をした人でも、「メチル化」と呼ばれる異常が遺伝子に多く蓄積していると、再びがんになるリスクが3倍高くなっているとする研究結果を国立がん研究センターなどのグループがまとめました。

 

詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

続きを読む >
Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min
arr_slideToggle

胃がんの手術が成功し、原因となるピロリ菌の除去をした人でも、「メチル化」と呼ばれる異常が遺伝子に多く蓄積していると、再びがんになるリスクが3倍高くなっているとする研究結果を国立がん研究センターなどのグループがまとめました。   詳しくはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓ 情報源: 胃がんの原因 ピロリ菌除去後も遺伝子異常で再発リスク | NHK「かぶん」ブログ:NHK

(続きを読む)

Q…パッケージに咀嚼力、嚥下力が不十分な方はご使用をお控えくださいと記載がありますが、寝たきりの高齢者に使用しても大丈夫でしょうか。

  • 2017年09月05日

寝たきりの高齢の方には、プロデンティス商品の中でも液体タイプをお勧めします。高齢者施設でプロデンティスを使用し、定期的な口腔ケアを実施することで、誤嚥性肺炎の発症を3割以上下げた報告があります。また、高齢者施設でL.ロイテリ菌を摂取することで、カンジダ菌の菌数を減少させたことも報告されています。プロデンティスを口腔ケアの一環にご使用いただくことで、口腔のみならず消化管の細菌バランスも改善し、便秘や下痢の予防と改善にも有効です。

続きを読む >
Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min
arr_slideToggle

寝たきりの高齢の方には、プロデンティス商品の中でも液体タイプをお勧めします。高齢者施設でプロデンティスを使用し、定期的な口腔ケアを実施することで、誤嚥性肺炎の発症を3割以上下げた報告があります。また、高齢者施設でL.ロイテリ菌を摂取することで、カンジダ菌の菌数を減少させたことも報告されています。プロデンティスを口腔ケアの一環にご使用いただくことで、口腔のみならず消化管の細菌バランスも改善し、便秘や

(続きを読む)

Q…毎日食べないといけませんか?

  • 2017年09月05日

「L.ロイテリ菌」は元々ヒト由来の乳酸菌です。生活習慣(ストレス、帝王切開、過剰な衛生概念)や食習慣(抗生物質などの薬剤の摂取、化学物質の多い食品、繊維質や発酵食品の減少)など、近代的な生活様式への変化により、体内には「L.ロイテリ菌」は定着しにくくなっています。実際に3週間連続摂取し急に摂取を止めた途端、ロイテリ菌数は減少し、2ヶ月弱で摂取前に戻ったという報告もあります。ですから、毎日もしくは定期的にプロデンティスを補給することをお勧めします。

続きを読む >
Twitterでシェア facebookでシェア Lineで送る btn_store_min
arr_slideToggle

「L.ロイテリ菌」は元々ヒト由来の乳酸菌です。生活習慣(ストレス、帝王切開、過剰な衛生概念)や食習慣(抗生物質などの薬剤の摂取、化学物質の多い食品、繊維質や発酵食品の減少)など、近代的な生活様式への変化により、体内には「L.ロイテリ菌」は定着しにくくなっています。実際に3週間連続摂取し急に摂取を止めた途端、ロイテリ菌数は減少し、2ヶ月弱で摂取前に戻ったという報告もあります。ですから、毎日もしくは定

(続きを読む)
back to top